地盤改良工事の相場の目安と費用は?うちの請求書を大公開!

マイホームを建てる時、
切ってもきれないのが地盤改良工事。

どんなに立派で高級なお家を建てても
地盤が緩んだ土地じゃ、どうにもなりません。

でも、土地を買って家を建てて…って
たくさんのお金が必要なのに、
地盤改良工事にまでお金がかかるとなると

マイホーム計画の予算がくるってきちゃうんじゃ…。
なんて悩んでしまいますよね。

ここでは、地盤改良工事の費用の相場と目安についてと
実際に先日地盤改良工事を終えた我が家に届いた請求書を公開しています。

スポンサードリンク

地盤改良工事が終わりました

じゃじゃーん。

これからマイホームが建つ、我が家の土地です。
正面は、車通りが激しくて横から撮ってます。

もともと、鉄筋コンクリートの建物が建ってたので
もしかしたら地盤改良工事は必要ないかもなんて言われてたけど、

地盤調査とやらをした結果
結局地盤改良工事をするはめに(T_T)

あとから聞いた話、分譲住宅地でない限り
たとえ購入した土地に建物が立っていた場合でも

建築法だったか何だかの基準が今と昔では
全然違うのでほとんどの場合は地盤改良工事をする必要があるみたい。

うちの場合は、
3階建ての鉄筋コンクリートの建物が立っていた土地で
その建物は築30年程だったので

もしかすると立てる時にかなり
頑丈にしていたかもしれない…

時期的に、ぎりぎり今の基準に見合うような
地盤改良工事がなされているかもしれない…

そんな期待があったみたいですが
残念な結果となりました(;^ω^)

これから何十年も、そして子供たちに残す資産となることを
考えるとやっぱり地盤改良工事はきちんと
やっておいたほうが気持ち的にも安心ですよね。

地盤改良工事の費用の相場や目安は?

地盤改良工事を行うにあたって
気になるのはやっぱり料金!

土地を買ってこれから建物を建てるのに
莫大なお金がかかるわけですが

土地や地盤改良の費用によっては
予算が減って建物にかけるお金が減ってしまいます。

建築中にはかならずトラブルというか
予算的にもあなたの希望を全て通すことができません。

どこかで妥協しなきゃいけない部分って
出てくると思うんですよね。

地盤改良工事の費用によっては
どこかを妥協しなきゃいけないかもしれない…というわけ(;^ω^)

基本的に地盤改良工事の費用の相場といっても
どんな改良工事を行うか・その土地の状態・建物の大きさや構造
によって、違いが出てきます。

平屋なのか2階だてなのかによって
地盤にかかる重さが違うので、地盤に求める強度が違ってきますし

木造住宅なのか鉄筋住宅なのかによっても
土地の上にかかる重さが違ってきますよね。

そして、地盤改良をする深さによっても料金が変わってきます。

地面の中の2mくらいの深さであれば
一坪あたり3万ほどが目安で

2m以上8mくらいであれば
4,5万ほどが目安

それ以上の場合は6,7万が目安
なんて風に考えられています。

また、土地が狭く辺鄙なところにあったり
大型重機が入れないような場所の場合も費用がかさみます。

スポンサードリンク

もちろん土地が大きければ大きいほど
費用がかかってくるわけですね。

一般的な戸建て住宅の場合は
表層改良工事と呼ばれる2mまでの土地を改良します。

固定剤と土を混ぜて重機で固める方法ですね。

土地の広さやもともとの頑丈さによっても差がありますが
地盤改良工事の費用は100万円と余裕を持って
みていたほうがいいかもしれません。

もちろん土地によって100万円以上になる場合も
数10万円で済む場合もあるそうなのですが…。
(大体相場は50から200万なんだそう)

ちなみにあなたのお家の土地の地盤がどれほどの強度なのか
という部分は、地盤調査をしてもらうことでわかります。

調査をした上で初めてどれくらいの
費用がかかるかの見積もりが出来るわけです。

また、地盤調査をするのにも別途費用が発生します。

土地の1か所だけでなく
建物をたてる予定の敷地の数か所調べるので
5万から8万は見ておいたほうがいいと思います。

我が家の地盤改良工事の費用の請求書を大公開!

とうことで、我が家の地盤改良工事も
無事終わりまして、請求書が届いておりました。

(間違いがあって現在修正中のため
再度、届き次第アップしまーす)

うちは、旦那の知り合いである一級建築士さんに
依頼して家を建ててもらうので色々文句を言えたり

ぶっちゃけ話も聞かせてもらえます。

また、旦那が昔建築関係の仕事をしていたこともあって
何もわからないからお任せって状態じゃないのも救いで

色々無理を言ったり、私の知らないところで
難しい話が進んでいます(;o;)

で、うちの場合は
一般的な表層改良工事ではなく

その次に高い柱状改良工事をしました。

敷地全体を固めるだけでなく
ポイントポイントにセメント系の固定剤を柱状に混ぜる工法です。
(わかりにくくてスイマセン(;^ω^))

私たちが買った土地は、
昔、レンコン畑だったそうで

地名からして地盤が緩いんだろうな~とは思っていたのですが
予想以上に地盤が柔らかく地下から水がでてきたほどだったみたい。

おまけに、私たちが購入した土地は
一般的な人が買う土地よりも広いです。

義母の家から近いこと・仕事の関係で
車をたくさん停めなければいけない事などの理由で
120坪の土地を購入しています。

そのため、かかった費用は
350万円となりました。

地盤改良工事の相場よりかなり高い( ;∀;)

それにはそれなりの理由があって
ちょっとその土地が道より高いところにあるんですね。

それで、前・右側・後ろの3方向が道路。

そこから、元あった建物を解体し蓋を開けたら
地盤がゆるゆるで、ゆるんだ地盤の土が下に流れてしまう…

流れないようにL字の壁っていうんですかね…
最初の地盤改良工事が終わったあとの写真にある塀を
横と後ろにした費用も込みになっています。

これが高いのか安いのか
素人の私にはわかりませんが(;^ω^)

土地が広いこと、地盤がかなり緩かったことで
普通よりお金がかかることは仕方ないです。

旦那曰く、
かなりしっかり地盤改良工事をしてもらえたようです。

知人ということで、工事内容の割に
予算的な部分でかなり無理してくれているらしいです。

まとめ

土地の固さなんて、私たちにどううしようもできない部分。

そこに何十万、何百万円かかるって
なんと恐ろしい事なんでしょう(”_”)

この場所じゃなければいけない理由がないのなら
もともとの地盤がいい土地を探して選んで購入すれば

余計な(余計ではないけど)お金を浮かせて
建物にお金がかけられるかもしれないですね(^^♪

スポンサードリンク

「読んだよ♪」の印に応援クリックを頂けると励みになります♪
↓ポチっと。↓

にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へにほんブログ村 主婦日記ブログ アラサー主婦へ

シェアする

フォローする