マイホーム建築で貯金はいくら残す?頭金の出し方のポイントは?

マイホームを建てるにあたって
頭金をいくらか出そうと思ってるんだけど

貯金をいくら残した状態で
頭金を払えばいいの…?

なんてお悩みではありませんか?

頭金を多く出してローンを楽にしたいけど
貯金がなくなるのも不安ですよね。

ここでは、マイホーム建築で貯金はいくら残したらいいのか
頭金の出し方のポイントをまとめています。

スポンサードリンク

マイホーム建築で貯金はいくら残す?

憧れのマイホームが現実になる今。

マイホームをキャッシュで買うなんて
ほとんどの人がきっと無理で
住宅ローンを組むことになりますよね。

少しでも住宅ローンの借り入れを減らすべく
頭金を用意していることと思います。

せっせと貯めてきたマイホーム貯金ですが
少しでもローンの金額を減らすべく

沢山頭金としてお金を払いたい所ですが
貯金がなくなっちゃうのも不安ですよね。

頭金を払えばローンとして借りる金額が減るし
トータルで支払うことになる利息も減ります。

そして、ローンの支払い期間も短くなるので
頭金を多くはらうに越したことはありません。

ただ、貯金も残しておかないと
家を建てたあとに地獄を見ることになってしまうのです。

マイホームにかかるその他もろもろの出費や
家具や家電はもちろんのこと

これから長い人生を送っていく上で
万が一の病気や事故、子育てにかかる費用、教育費、
自分たちの老後のお金…

あげるとキリがありませんが(;´Д`)

もちろん、家を建てたあとから
計画的に貯金をはじめれば問題のない話かもしれませんが

全ての貯金を頭金として支払って
貯金を全くない状態にすることはおススメできません。

では、ほかのみんなは
マイホームを建てる時に

いくら頭金を支払って
いくら貯金を残したのかという話にはいりますが

ネットを検索していると家庭によってさまざまでした。

—-

頭金900万。
残高900万強。

—-

頭金1300万。
残金は頭金と同じぐらい。

—-

残り200万くらい残したけど、車買ってもう残り50くらいしかない(。´Д⊂)マイホーム買って1年だけど、貯金増えないーやばい

—-

うち100万しか残してないや…!

—-

うち頭金300で貯金100万しかないよ

—-

家自体に入れる頭金500か600万でその後の家具家電類と外構と引っ越し費用など280万程でみてて、残りの貯金は400万くらいになるかな…。

—-

私は貧乏なんで頭金→なし、家具→100万、貯金→なし
只今コツコツ貯金中だけどなかなかたまらないっ!!

—–

頭金って購入金額の3割程度、
残りの貯金は最低100万は手元に残したよ。

—-

家を建てると、そのあとに
引っ越しや、家具家電、カーテンなど
いろいろとお金がかかりますよね。

今アパートで使っているものを…とも考えますが
絶対新しい家になると新調したくなります。

欲望は抑えられないですよ( *´艸`)

頭金に貯金の全てを使ってしまい
手元に貯金がなければ

マイホーム購入後に必要な諸費用や
その後の生活にかかるお金が
払えなくなる可能性があります。

全てを買い替えないにしても
いくらか貯金として残しておきたいところですよね。

頭金と残す貯金はセットにして
考える必要があります。

家を建てたからという理由に
関係なく生活していく上で、

貯金は給料の6カ月分から1年分程
あるといい、とも言われているので

月収30万円の人であれば
180万円から360万円の貯金があると安心です。

これは、万が一の病気や事故
会社の倒産などがあったときのための生活費として
考えられている目安の貯金になります。

何かあっても生活できる貯金
何かあってもローンが払える貯金は
残しておくのが賢明です。

また、マイホームが出来たあとの
ライフプランを考えたときに

近い将来車の買い替えを考えていたり
子どもが受験だ塾だ進学だ!という予定が
ある場合も多めに貯金は残しておいたほうがいいでしょう。

まだまだバリバリ働ける年齢で
それなりに収入があって

今後子どもを育てながらも
それなりの貯金が出来るほどの収入で

絶対に病気なんてしないし
病気や事故にあって働けない状態が続いても

収入が確実にある人なら
残しておく貯金は少なくても問題ありません

マイホーム購入で残しておく貯金は
生活スタイルや家族構成や収入など
その家その家で必要な金額が違ってきます。

スポンサードリンク

マイホームの頭金の出し方のポイントは?

家を建てるときにまず考えるのは

「頭金っていくらいるのかな?」
「頭金っていくら払えばいいのかな?」
「頭金の相場っていくらくらいなのかな?」

ではないでしょうか。

頭金というのは高額ローンの
支払いをするときなどに最初に払う
まとまったお金の事をいいます。

一般的には住宅購入価格の2,3割
なんて言われています。

3000万円の家を建てるなら
2割で600万円、3割で900万円。

結構な金額になりますよね。

貯金を使えば支払えるけど
頭金として貯金を使ったら貯金は残らない。

はてさてどうする?

実は、大切なのは頭金の金額ではなく
残す貯金のお金だと私は考えます。

そりゃ、頭金は多いほうがいいに決まっています。

だって、頭金の金額が大きければ
住宅ローンの金額が少なくなるので利息も減ります。

いくら低金利とはいっても
やっぱり利息を払うのってバカみたいですもんね。

でも私なら貯金が600万円あっても
全額を頭金として支払うなんてことはしないです。

もちろん、頭金はあった方が良いですが
必ずしも必要なわけではありませんからね。

頭金0円で家を建てる人だって
今の時代はわんさかいますから。

マイホームは買ったときよりも、
買ってからのほうが重要なんです。

頭金を払いすぎて今後の生活に
支障をきたすほうがよっぽど怖くないですか?

今が良くても人生何が起こるかわかりません。

今マイホームを建てる世代は
きっと20代・30代・40代くらいの方たちですよね。

まだまだ人生の折り返し地点にも
行きついていないですし

長いローン生活の中
何があるか分かりません。

なので、頭金に今あるお金を全て使わず
自分の今後の生活プランをある程度立てて

何かあった場合でも耐えられる金額の
貯蓄を残したうえで頭金の金額を決めてくださいね。

マイホームの間取りで子供部屋の広さってどれくらいがいいのかな?目安ってどれくらいで狭くて不便なのかな?なんてお悩みではありませんか?

まとめ

マイホームの為にためた貯金を
全て頭金として使うのはリスキーです。

人生何が起こるか分からないので
よっぽどの安定した収入がない限りは
貯蓄は残しておくようにしましょう。

家族の人数や今後のライフプランに合わせて
頭金と手元に残すお金はセットにして考えて資金計画をたてましょう。

スポンサードリンク
こちらの記事もあなたにオススメです♪

こちらの記事もあなたにオススメです♪



シェアする

フォローする