新築に食洗器は必要か不要かを判断する秘密の方法を伝授

家を新築するとなると楽しみもたくさんありますよね。

好きな間取り、キッチンのタイプなどを
一つ一つを考えるのは大変な作業でもありますが、
マイホームを作る!という感覚ならやる気もでます。

キッチンをどんな感じにしようかな?という時、
必ず考えるのが「食洗器を取り付けるか?」ということ。

カウンターキッチンにしろアイランドキッチンにしろ、
悩むところですよね。そもそも本当に必要なのか?どう判断したら
よいのかを考えていきましょう。

スポンサードリンク

新築マイホームのキッチンに食洗器は必要か?使用頻度や光熱水費はどう?

そもそも食洗器にはビルドイン型と卓上型の2種類ありますが、
新築の際に取り付けるか悩むのはシンク下などに設置する
ビルドイン型の方です。

卓上型は小ぶりな反面、読んで字の
ごとくなので空いたスペースにそのまま置けて工事の必要もなく、
賃貸のお家にも安心です。

ただ、私の実家にはこの卓上型が
あったのですが、母が「手洗いの方が早い」とほとんど使わず
物置行きになっていました。

当時の卓上食洗器は重さの割に
中のスペースが狭い・・・。

しかも専用の洗剤を買わなければ
ならず、その点も母は嫌だったようです。

ただ、最新のものは
だいぶ進化していて洗剤も通常のものを使用可能であり、軽量
タイプもありますので卓上型も検討の余地ありですよ。

話がそれましたが新築時に取り付けるならビルドイン型ですね。

スペースも抑えられますし、何より建築中に取り付けておかないと、
後からやっぱり追加工事したい!・・・とは中々思わないからです。

決断は最初にしてしまった方が後々スムーズですよね。

一昔前の
食洗器はカビや騒音、電気代の心配もありましたが、最新のタイプは
そんな心配はないようです。

抗菌仕様で静音、さらに手洗いの
約8分の1の水量で洗えてしまうというから、
マイホーム購入時に食洗器を付けなかった私としては正直後悔しているところです

(建売の場合でも、業者に希望を伝えれば、大体は取り付けてくれますよ)。

電気代も最新家電と同じように省電力モードが多く
販売されていますし、水道代の節約にもなるならむしろお得感さえ
ありますよね。

さらに、もしこれからお子さんのご予定がある方にも
おすすめです。

食洗器は高温になり、選択すれば乾燥まで
してくれますので、お子様の哺乳瓶や食器に熱湯消毒と同じ効果が
期待できるんです。

哺乳瓶以外にも、水筒やタンブラーなど縦長で
洗いにくいものや、ザルなどの汚れが残りやすいものでさえ
まんべんなく洗ってくれます。

赤ちゃんや小さいお子様がいる
ご家庭はもちろん、仕事で忙しい女性にも、体調が悪い時にも
安全でさらに時間的節約になるので心身ともに負担が減りますよ。

スポンサードリンク

食洗器は必要か不要かを決める判断の下し方とは?

色々な検討材料がありましたが、
最終的には新築したマイホームに
住んだあとを想像することが大切です。

食洗器がある生活をしたとして、
それが壊れてしまった場合を想像してみてください。

その時また修理して
使うか、もう使わないか、考えてみてください。

新築するときは頭の中が
あれもこれもと足し算モードになっているときなので、
いったん冷静になり、壊れてもまた使うかや同じものを買うか?

などの引き算モードと
しても考えると、案外自分の考え方は決まっているものだったりします。

家電や雑貨、洋服を買う時なども、
悩んだ時にはこのことを頭の片隅から
少しでも思い出してもらうと、お買い物時の無駄遣いが減るかもしれません。

ジップロックって再利用しても大丈夫なの?なんてお悩みではありませんか? ここでは衛生的にジップロックを再利用できる方法を紹介しています。

まとめ

建売住宅を購入時、業者に「食洗器はどうします?取り付けの
オプションもあって~」と提案されたのに、

実家の物置にある卓上
食洗器の事があったので深く考えずに「あ、いらないです。」と
言ってしまったあの日を未だに後悔している私です。

子供の哺乳瓶の消毒は毎日面倒だし、
仕事に家事にと時間がない時に大量の洗い物も
あって気が滅入る・・・

といった生活で「あれば便利だったよなぁ、
時間を買うと思えば安い買い物だったよなぁ」と思う日々。

でも、私の母のように「自分で洗った方が早い!」
「機械を使うほどでもない」という意見も確かにあります。

要は自分の今後の生活をよく想像すること
です。想像して、やっぱり必要!、あれば便利かも?

などと思った方はまずお店に行ったり
パンフレットを深くしたりと商品をみてみることをおすすめします。

あなたの生活の負担が軽くなることを祈っていますよ。

スポンサードリンク
関連コンテンツ



シェアする

フォローする