上棟式って雨だと縁起が悪いって本当?雨の日が及ぼす影響とは?

上棟式の日にちが決まって楽しみにしていたんだけど
天気予報が雨になっちゃった!

お祝いの日に雨ってどうなの?
縁起が悪そうで心配なんだけど…

それに建築工事的にも雨の日だと何か影響がありそうで不安…

なんてお悩みではありませんか?

ここでは雨の日に上棟式をすることで何にどう影響があるのか
雨の日の上棟式の真実をまとめています。

スポンサードリンク

上棟式を雨の日にすると縁起が悪いって話は本当か?

何か特別なことを行う日に
雨が降ると不吉というか縁起が悪いような
気がすることってありませんか?

ましてや、これから上棟式で
棟上げするというのに

雨が降っても問題なのか
気になってしまいますよね。

せっかくの上棟式が
雨で台無しになってしまう気がして…。

確かに雨が降ると大工さんの作業が思うように
すすまないのは事実なのですが

実は逆で上棟式の日に雨がふると
昔から「福が降り込む」とか「幸せが降り込む」
などと言われていて縁起がいいとされているのです。

なので、雨だからといって
気を落とす必要はまったくないんですよ(^^)/

また、上棟式の日に雨がふると
「永遠の火消し」という意味があって
火事にならないとも言われています。

スポンサードリンク

上棟式を雨の日に行うと何にどう影響するのか?

上棟式の日が雨であっても
縁起が悪くないとはいっても

やっぱり木造住宅を建てる以上
家の材料で使う木材が濡れてしまうことが
不安になってしまいますよね。

でもそこも気にする必要はありません。

そりゃ、どんな木材を使用していたとしても
やっぱり「木」ですから濡れないほうがいいに決まっています。

濡れないに越したことはありませんよね。

でも、多少雨に濡れたところで
全く問題はないのです。

住宅に使用される木材は
しっかり乾燥させられた木材です。

木の内部までしっかり乾燥させることって
すごく大変なことで

逆を言うと、しっかり乾燥させた木材は
多少の雨にぬれても中まで水分が浸透しません。

たった1日で木材が腐るなんてありえませんし
逆に少し濡れたほうが

木が引き締まってより強く
頑丈な家になるとか

木のつなぎ目がしっかりするから
逆にいいとも言われています。

なので長期間あまざらしにならない限り
問題ないと思っていて大丈夫です。

上棟が終わってからすぐに屋根をつけ
サッシや防水シートで囲って

雨が直接、構造体の部分にかからないように
工事の手順が組まれていて

多少濡れても工事期間中に
きちんと乾燥してくれます。

そもそもこの日本の気候で
雨に一切さらされずに家を建てるなんて
無理な話ですからね(;^ω^)

どうしても気になる場合は
業者さんに言って上棟式の日にちを
ずらすように話してみるといいでしょう。

ただ、上棟式をするにあたって
上棟の日はかなりの人数の大工さんを手配していて
大きなレッカーも手配しているので
なかなか変更は難しいんじゃないかと思います。

ちなみに、上棟式は
大きなレッカーで高い所での作業になるので
大雨や暴風の場合は中止になる事が多いです。

まとめ

上棟式を行う日に天気が悪くて雨が降ったとしても
縁起が悪いどころか逆に縁起がいいと言われています。

施主である家を建てる側からすると
記念の日となる上棟の日ですから

からっと晴れた天気のいい日に棟上げをしたいと思いますが
気持ちの持ちようでは逆にいい日なのですから
不安に思うことなく安心してお祝いしてくださいね。

スポンサードリンク

「読んだよ♪」の印に応援クリックを頂けると励みになります♪
↓ポチっと。↓

にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へにほんブログ村 主婦日記ブログ アラサー主婦へ

シェアする

フォローする