ガス代節約の仕方とコツで知らなきゃ損する契約方法とは?

日々の生活で必ず発生するのが水道光熱費のような
固定支出ですよね。

特にガスはキッチンでもお風呂でも
使用するので毎月無視できない項目です。

できるだけ節約したい!と考えますが、ガス代を節約するには
どのような方法があるのでしょうか?詳しく見ていきましょう!

スポンサードリンク

ガス代の節約の仕方のコツには何がある?

家の中でもあちこちで使用するガスですが、
次に紹介する方法のように、その場その場で少し意識するだけで
月のガス代を抑えることができますよ。

・キッチンでの節約

お料理に欠かせないガスですが、ガスコンロでのお料理に
一番向いている火力は中火です。

最近のガスコンロは
火力が強めで、最初に付けただけで鍋底ややかん底から
火がはみ出すくらいの強さに設定されていることも。

ですので、鍋底ややかん底からはみ出ない程度の中火を
意識しましょう。

短時間で調理可能な圧力鍋もおすすめですし、
そもそもガス以外の方法(レンジやオーブン)を利用した
レシピのレパートリーを増やすのも楽しみながら続けやすい方法です。

そして洗い物も毎日の事ですが
冬場は水が冷たいと辛い作業ですよね。

そんな時は厚手のゴム手袋を使用したり、大きめの桶にお湯を張って、
そこで洗い流していく方法を試してみましょう。

お湯の出しっぱなしはガス代の他に水道代も
上がってしまうので注意が必要です。

・お風呂場の節約

寒い冬には長風呂して温まりたいですよね。

それ自体は悪いことではありませんので、
気持ちよく入浴しつつできることを実践しましょう。

まず、お風呂の設定温度を
1度でも下げてみましょう。

小さなことですが温度を
1度下げることにより約10分で1円位の節約になります。

「なんだ1円か」と思いがちですが家族分の
入浴時間×1カ月×12カ月(1年間)とすると
まとまった節約になることが分かります。

そしてシャワーの
時間を少しでも減らします。

お湯を出していると
それだけガスを使用していることになりますし、参考に
言うなら1分で5円ほどかかっているのです。

こちらも年単位で考えるとやる気がわきますね。

また、お風呂自体を
追い炊きで長い間維持しているとそれだけガス代が
嵩みますので、

スポンサードリンク

なるべく家族で順番で入る際には
間が空かないようにし、

どうしても時間が合わない場合は
お風呂の蓋などでお湯の温度を維持しましょう。

・支払い方法の見直し

ガス代は毎月まとまった金額の支払になりますよね。

どうせならその支払いにも無駄が無いようにしたいものです。

クレジット引き落としならポイントやキャッシュバックが
期待できるものも多いので、クレジットをよく比較し、
よりお得なカードを選択するのも節約には大いに有効です。

ガス代の節約は契約会社を変えるといいって本当なの?

小さな節約をコツコツ続けるのも大切ですが、もっと大きな額を
一気に節約したい!と思うのも正直なところです。

そんな場合には思い切ってガスの契約会社から
見直してみてはいかがでしょう?

都市ガスに比べてかなり
高額なイメージのあるプロパンガスの金額は、実は
一律ではなく業者によってかなり幅があるのです。

ですので、優良な業者になるべく安く契約し直すというのも
一つの手ですよ。

「そうはいってもガス会社なんて
そんなに知らないよ!」というのが普通だと思うので、

インターネットでプロパンガスの一括見積を依頼するのが
おすすめです。

引っ越しや車購入と同じように、プロパンガスにも
そういったサービスがありますのでまずは気軽に
比較だけでもしてみましょう。

会社同士で競い合って
くれるのでさらに割引がある場合もありますし、粗品などの
サービスも意外と期待できますよ!

⇒ガス代は年間5万円節約できる?!【ガス屋の窓口】

まとめ

ガスは生活の必需品となっている家庭も多いですよね。
オール電化が進む今の時代でも、自然災害や停電の
心配をするとある程度ガスを使用した方が安心という
考えもまだまだ根強いです。

毎日使用するものなので
出費が痛手にもなりがちですが、きちんと節約を
していくことで年間にするとかなりまとまったお金を
カットすることができます。

地味でも些細なことから
コツコツ続けていきましょう!

スポンサードリンク
こちらの記事もあなたにオススメです♪

こちらの記事もあなたにオススメです♪



シェアする

フォローする