固定資産税の納付書はいつ届く?届かない場合の対処法は?

みなさん「固定資産税」について知っていますか?

固定資産税とは毎年1月1日現在、土地、家屋、償却資産
(これらを総称して「固定資産」といいます)を所有している
人がその固定資産の価格をもとに算定された税額をその
固定さんの所在する市町村に収める税金のことです。

うーん、なんとも難しい話です。

簡単に説明するとマイホームを建てて住んでいる人や
畑や田んぼを持っている人、不動産を持っている人に
かかってくる税金ということです。

この固定資産税の納付書があなたが住んでいる市町村から
発送されてきます。

だいたいいつごろに届くのかということと、
届かない時の対処法、固定資産税をお得に支払う方法をご紹介します。

スポンサードリンク

固定資産税の納付書はいつ届くの?

この固定資産税の納付書が届くのは、だいたい
4月ごろになります。場合によっては多少前後しますが
だいたいはそれぐらいです。

1月1日に所有している人に毎年4月ごろから
通知が市町村から送付されてくるのです。

固定資産税の納付方法は普通徴収になるため
通知書が納付書になるので大切に保管しておいてください。

調べてみるとどうやら東京23区は少し他のところと
違うようで毎年6月に通知が来るようになっているそうです。

固定資産税の納付書が届かない場合は?

自分は固定資産税を納めないといけない人なのに
納付書が届かないという人がいます。

通知が来ない原因として、1月1日時点で
登記名義が自分ではない場合。

そして共有名義の土地で、代表者が自分以外に
いる場合のこの2点があげられます。

もちろん、忘れられていたという可能性も
ないわけではないのですが。

まず1月1日時点で登記名義が自分でない場合は
時間の問題でいずれ手元に必ず届きます。

しかし共有名義の土地で、代表者が自分以外に
いる場合は貴方が納付していないだけで、代表者
が納付しているため、通知が届かないのです。

そして次にもっとも多いのが、免税点未満のためという事例です。

免税点未満とは土地や建物、償却資産の「それぞれの
課税標準価額の合計が以下の基準を満たしていない場合
課税されない」という理由です。

同一の市町村内にある土地の合計額が30万未満の場合。
同一の市町村内にある家屋の合計額が20万未満の場合。
同一の市町村内にある償却資産の合計額が150万未満の場合。

固定資産税が発生しないため、納税通知書が発送
されないのです。

どうしても疑問に思ったら、貴方が住んでいる市町村に
確認をしてみるのが一番いいかと思います。

スポンサードリンク

固定資産税をお得に支払う方法

固定資産税をお得に支払う方法は、ぜひ
クレジットカードで払うことをおススメします。

クレジットカードで支払うことによって
支払額に応じたポイントやマイルが付与されます。

しかし決済手数料が少しかかってしまいますが
クレジットカードのポイント還元率が手数料より
上回る場合はその分お得になるのです。

また、電子マネーへのチャージによるクレジット
カードのポイント付与もお得になります。

具体的な例は、クレジットカードから例えばnanacoなど
へ金額をチャージし、チャージした金額に応じて
カードのポイントやマイルが付与されます。

そしてチャージした電子マネーでコンビニエンスストア
のレジから固定資産税を支払うのです。

たったこれだけ。とても簡単でしょう?

注意点としてはクレジットカードから電子マネーに
チャージする場合は事前に手続きが必要なのでご注意ください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

税金を払うというのはなんだか難しい気がして
行動するのも億劫になるのですが、固定資産税の
納付の仕方はとても簡単だったと思います。

固定資産税を支払わないと罰則などもあるので
めんどくさがらずにしっかりと早め早めに
準備して支払うようにしておきましょう。

スポンサードリンク
こちらの記事もあなたにオススメです♪

こちらの記事もあなたにオススメです♪



シェアする

フォローする