ラインペイカードが便利なメリットとデメリットを本音で語る!

インスタグラムで今話題になっている
ラインペイカード。

なんだかイマイチよく分からないんだけど
一体何がいいのかな?

いい話には裏があるっていうから
メリットだけでなくデメリットもあるんでしょ?

なんてお悩みではありませんか?

ここでは、主婦の間で話題になり
人気沸騰中のLINEPayカードの
メリット・デメリットをまとめています。

スポンサードリンク

ラインペイカードが便利な理由

そもそもLINEPayカードって?

LINE Payカードというのは、
メールアプリでおなじみの「LINE」が
2016年3月24日からサービスとして
始めたJCBブランドのプリペイドカードです。

カードの中にお金をチャージして
クレジットカードのように支払うことが出来るのが
特徴のカードになります。

支払い後すぐに残高が減るので
クレジットカードというよりも
デビットカードのほうが近いですかね(^^♪

ラインペイカードは
これまでのプリカとは違って

カードが使える店舗がかなり多く
JCBカードが使えるお店であれば
ほぼラインペイカードも使用できるのです。

また、LINEPAYカードは
100円使うこどに2ポイントたまる
高還元率のカードとしても注目を集めています。

クレジットカードのような
審査もなく年会費無料で発行することができます。

ラインペイカードのメリットとは?

還元率の高さ

一時期、還元率が高いクレジットカードが
話題になっていたときもありましたが

今現在のクレジットカードの
還元率は0.5%程が目安かと思います。

でもLINE Payカードは100円の使用で
2ポイントの還元、2パーセントという高還元率なのです。

色々自分で調べてみましたが
今現在クレジットカードで2%の還元率の
カード会社は見つかりませんでした。

あっても年会費が必要なのではないかと思います。

私たち主婦にとっては
還元率ってめちゃくちゃ大事ですよね。

そもそもプリペイドカードで
ポイントが還元されるものすらなかったので

ポイントが還元されるだけで
スゴイ事なんですよ((((oノ´3`)ノ

冒頭でもちらっと書きましたが
審査もなく、年会費もない、このゆるさで
2%の還元率っていうのは高すぎるくらいですからね(;^ω^)

私たち消費者としては
うれしいですけど経営的には大丈夫なのか
ちょっと心配になりますが…。

使える店舗が多い

ラインペイカードは、コンビニだけでなく
全世界のJCB加盟店のほとんど全ての店舗で
利用することができます。

プリカだけど、使う時の感覚としては
クレジットカードと同じような感じで

カードを店員さんに差し出して
「1回で」「カードで」というだけで
清算が終わります。

もちろん、クレジットカード感覚で
使えるのでネット通販での買い物でも

クレジットカードの欄に
ラインペイカードの番号を打ち込めば
決済することができます。

履歴がLINE届く

レジでカードを使って清算したら
すぐに、自分のLINEに通知が届きます。

個人的な話になってしまって
申し訳ないのですが

私はよくコンビニに行くのですが
レシートを貰い忘れることが多々あるんですね。

店員さんによってくれる人と
言わないとくれない人がいますよね?

うっかりしていると
貰い忘れちゃって家計簿を書くときに
慌てちゃうのです。

その点、LINEに通知が届けば
レシートを受け取らなくても
LINEを見れば使用履歴が分かるので

財布の中もパンパンにならないし
家計簿の記入もれも防げちゃうわけです。

ポイントをLINEPAY残高に出来る

LINEPAYカードは2%の還元率なので
100円で2ポイントたまります。

食費や日用品などの生活費をはじめ
家計の支出を極力ラインペイカードにて行えば
かなりポイントがたまりやすいかと思いますが

たまったポイントを
再びLINEPay残高に出来るのが
さらなるポイントになります。

他にもラインスタンプに交換したり
ラインストアでお買い物したり

ナナコやぽんたなど
コンビニのポイントにも交換することができますが

手数料等を考えると、たまったポイントは
LINEpayカードで使うのがおすすめです。

スポンサードリンク

ラインペイカードのデメリットは?

チャージが面倒

もともとプリカを使用していて
慣れている人ならともかく

不慣れな私としてはチャージが面倒で
手間がかかると思ってしまいます。

最初はコンビニで
チャージをしてその面倒さに
びっくりしたのですが

その後、銀行から振り込みを
するようになりいくらか楽にはなりますが

クレジットカードなら
残高を気にせずに使えたのに
できないのにちょっと不便を感じます。

ただ、使いすぎ防止という意味では
家計をセーブできていいのかもしれませんね。

ポイントに有効期限がある

ラインペイカードでたまったポイントは
180日の有効期限に設定されています。

半年経過すると
溜まったポイントが消えてしまうとのこと。

なんていうんでしょ。

めちゃくちゃポイントを貯めて
ずっと使わずに貯金しておきたいと思っていると
半年だと微々たるものしかたまらないかと思います。

半年で消えちゃうなんておかしいと思って
調べてみたのですが

ポイントの有効期限については
最後のポイントを取得した日から180日間
ということでした。

つまり毎日毎月と
今後活用していこうと思っている
私たちには関係のない話でした(;^ω^)

毎月の継続支払いはできない

クレジットカードでなら
電気や水道などの公共料金の支払いが
できるのですが

ラインペイカードでは毎月自動で
引き落としになるようなお買い物はできません。

いつまで続くかわからない

2016年から始まったラインペイカードですが
いつまで今のメリットである

2%の還元率だったり
審査なし年会費なしの状態が続くか分かりません。

クレジットカード会社も
徐々に還元率を下げて行っているように

ラインペイカードもいつ何時
還元率を下げるか分かりません。

突然、利用制限されることだって
あるかもしれませんよ。

今は新規の計画として
集客しているだけである程度までいったら
やっぱり改訂がはいると予想します。

最後に…

ラインペイカードのメリット・デメリットはいかがでしたか?

私はメリットの恩恵に惹かれたので
ラインペイカードを作りました(^^♪

今後どうなるか分かりませんし
いつまで2%の還元率が続くかもわかりませんが
その日が来るまで使い続ければいいだけですし。

それに、LINEで通知がきて
使用金額や残高がわかる仕組みも何かと重宝しています( *´艸`)

年会費も審査も不要なので
ためしに一度使ってみてはどうでしょうか。

スポンサードリンク

「読んだよ♪」の印に応援クリックを頂けると励みになります♪
↓ポチっと。↓

にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へにほんブログ村 主婦日記ブログ アラサー主婦へ

シェアする

フォローする