年賀状を交換して切手に変えたり通常はがきにする究極の方法

年賀状を書いたはいいものの
年賀状が何枚もあまってしまった…

正月も過ぎたから使わないこの年賀状を
交換して切手や通常ハガキににすることってできるの?

なんてお悩みではありませんか・

年賀状はもしもの為に余分に購入するので
どうしても数枚余っちゃうんですよね。

ここでは、余った年賀はがきの交換についてまとめています。

スポンサードリンク

年賀状の交換で切手にすることは可能?方法は?

年賀状を買うときって
もし間違えてしまったら…とか

もし年賀はがきを送らなかった人から
年賀状が届いたら…なんて考えると

予定の枚数より少し多めに購入して
準備しますよね。

年賀はがきが足りなくて正月から
コンビニに年賀はがきを買いに行くことを考えると
余裕を持って用意しておくのが安心です。

でも、予想に反して
せっかく多めに買っておいた年賀はがきが
そのままそっくり余ってしまうこともあると思います。

また、書き間違いをして
人に出すわけにいかない書き損じハガキも
わが家は毎年かならず出ます(^▽^;)

お正月も終わってしまって
余った年賀状の使い道なんて他にないので
余計に買った分だけもったいないですよね。

実は余った年賀はがきは
切手に交換することができるのです。

年賀はがきを郵便局で現金で
払い戻してもらうことは出来ないのですが
(金券ショップなどでは換金できます)

切手やに交換することが出きちゃうのです。

ハガキの料金と同じ切手でもいいし
よく使う82円切手などでも大丈夫です。

ただ、余った年賀はがきや書き損じハガキを
切手に交換する際には手数料の支払いが必要になります。

ただで交換してくるわけではなく
1枚の年賀状につき5円の手数料がかかります。

わが家は今年の年賀状で
42枚のミスプリントをしてしまい(恥)

カラーで印刷する裏面を
まさかの白黒印刷をしてしまったのです。

その42枚の年賀状を
切手に交換してもらいました。

その内訳がこちらですね。

本来52円の年賀はがきを42枚、
2,184円の受け入れをします。

42枚の年賀状を交換するのは
1枚につき手数料が5円かかるので210円の手数料が発生します。

わが家は82円切手を26枚、
2,132円分に交換して

端数の金額を調整して
(このレシートでいう50円の切手と2円の切手)
手数料は現金で158円支払ってきました。

失敗したからといって
もう使えないと思っていつも捨てちゃってる人は
非常にもったいない事してますよね…。

年賀状の交換は
最寄りの郵便局で交換可能です。

年賀状を切手に交換することに
期限はないので慌てなくても大丈夫です。

また、年賀はがきはただ余っただけの年賀状だけでなく
裏や表にミスをして人さまに送ることができないような年賀状でも
郵便局で交換することができます。

ただ、料金が書いてある
切手の部分に汚れがあると交換できないので
気を付けてくださいね。


スポンサードリンク

年賀状の交換で通常はがきにすることは可能?方法は?

余った年賀状や書き損じの年賀状は
切手だけでなく通常のハガキに交換することもできます。

まぁ、年賀状が年始にだけした
使っちゃいけないというルールはないですし

年明け後もずっと期限なく
その年賀状って使うことができるんですけどね。

よく懸賞用に使うという人もいますよね。
(当選率があがるとかなんとかw)

その場合は、年賀状に記載されてる
「年賀」という印字を二重線で消して投函しましょう。

でも、まぁ懸賞用以外に使うと
相手に失礼な感じがするので

懸賞をあまりしない人なんかは
交換しておくといいと思いますよ。

通常ハガキだけでなく往復はがきもOKですし
郵便書、レターパックやスマートレターに交換してもOKです。

ちなみに今年の余った年賀状を
来年の年賀状に変えることはできないので
気を付けてくださいね。

年賀状を交換したいけど写真付きの年賀状だからダメなのかな…? 普通の年賀状と写真付きだと何か条件が違ったりするのかな?なんてお悩みではありませんか?

まとめ

使わなくなった余りの年賀状や
書き損じ年賀状は、切手やはがきなどに交換することができます。

ただ、1枚につき手数料が500円
かかるので覚えておきましょう。

年賀状は余っても懸賞用にそのまま使ったり
切手にしたりハガキにしたり色々な活用方法があるので
うっかりゴミ箱に捨てないように保管してくださいね。

スポンサードリンク
関連コンテンツ



シェアする

フォローする